過去のブログ
2017/8/12『episode6
2017/8/26『episode7
2017/9/10『episode8
2017/9/25『episode9
2017/10/10『episode10
2017/10/27『episode11
________________________________________
________________________________________

こんばんは、久留米デリヘルセンターJoです。

 

まず初めに、前回のブログを飛ばしてしまいました。申し訳ございません。

 

前のブログでも書いていましたが、11月5日に阿蘇で復興イベントを行いました。

 

今日は、その事についてちょっと書きたいと思います。

 

2016年平成28年)4月14日21時26分に熊本県熊本地方震央とする震度7の地震が発生。

 

その時、私は久留米の事務所で仕事をしていました。店中の携帯の地震速報が一斉に鳴りだし、お店の女の子はパニック。今までに感じた事のない揺れでした。

 

久留米でこの状況ですので、熊本や大分では想像を絶する揺れだったと思います。

 

翌日のニュースを見て、東日本大震災の映像と重なりました。

 

すぐさま、久留米優良店組合としても、何かできないかと話し合い、水を皆で買い現地に送りました。

 

 

震災後少ししてから、私も個人的に、阿蘇にボランティアスタッフして何度か出向いていました。道路は寸断され、家は崩壊し、観光客は足が遠のき、地元の人々にも疲れと悲しみで、町全体が暗く感じていました。

 

 

人々も町も元のような活気を取り戻してもらいたいと思い、復興チャリティーイベントの企画を思いつきました。それが、昨年『阿蘇カドリー・ドミニオン』で行った、イベントです。

 

 

準備期間は2ヶ月と、尋常ではありえない準備期間でしたが、震災を3ヶ月ほどしかたっていなかったこともあり、皆の意識や気持ちが阿蘇に向いていて、この通常ではありえない準備期間でもとてもスムーズに話が進み、何とか無事にイベントを行うことが出来ました。

 

今年に入り、阿蘇市からの依頼もあり、今年もチャリティーイベントを行うことになりました。

 

しかし、何か去年とは皆の反応が違いました。ちょっと、そんな事が引っ掛かりましたが、去年はあの準備期間で出来たのだから、今回は余裕だろうと思っていました。

 

 

実際に準備に入りだすと、その心配が的中しました。震災からたった1年しか経っていないのに、既に多くの方の記憶からは『阿蘇の震災』が消えてきてしまっていました。去年は、多くの方が、とても好意的で協力を惜しまなかったのですが、今年は、優先順位が低く、あまり良い返事を頂けない場面が多くありました。

 

 

復興は1年や2年では終わりません。しかし、メディアでももうあまり取り上げることもなくなり、次第に皆の記憶も薄れてしまっていました。

 

このままでは、マズイと思い、今までにないようなイベントを行い、今の阿蘇を もっと皆に知ってもらいたいと思いました。そこで阿蘇のシンボルである阿蘇山と草千里の間を、本物の『GTカー』を走らせ、さらにその車に同乗できたら、話題になるだろなあという軽い思い付きから、今回のイベントはスタートしました。

 

 

今まで、阿蘇山では一度もイベントを開催したことは、なかったそうです。(後で何故ここでしたことがないのかは痛いほど知る事になる)

 

 

今までやった事がない場所で、やった事のない様なイベントすれば、メディアも取り上げて、皆の興味も少しは沸くだろうと思いました。

 

 

しかし、阿蘇山は「国立公園」内にあり、駐車場を借りるだけでも、25団体が入り組んで管理をしているので、その全てから許可を貰わなければなりませんでした。

 

 

これが本当に大変でした。24団体までは許可を貰ったのに、最後の1団体が拒否とか。一度は許可をしたと思ったら、後からやっぱり許可しないとか・・・。何度も何度も心が折れそうになりました。

 

 

二転三転四転五転して、何とか許可も取れ、準備も最終段階を迎えた、開催3日前に、突然警察から呼び出しをくらい、公道での同乗走行はさせないと言ってきました。(もちろん最初は良いと言っていました)

 

 

後で、聞いた話ですが、この場所は過去にも直前でイベントを何度も潰されていたそうです。結局は、国立公園内で、一企業がイベントを行うことは好ましくないとの事で、最終的に無理難題を言い、開催させないと言うことみたいです。

 

 

 

もうここまで来たら、どんなカタチでも絶対に行ってやる!!もう意地です。(実際に和歌山や名古屋、九州各県から参加してくれる企業の方達に中止とは言えません)

 

 

 

当初の規模からは、かなり縮小して、何とか開催までこぎつけました。

 

 

 

 

↓爆音です。しかもステージでは阿蘇市長が挨拶をしているときに・・・↓

 

 

当日も、様々なトラブルを発生しましたが、事故もなく無事に終わる事が出来ました。

 

 

 

参加者は、想定の半分くらいでしたが、今回無理を承知で開催したのは、次回に必ず繋がると確信していたからです。(どんな大きな企業もこの場所でイベントを開催出来なかった。)

 

 

案の定、開催当日から、会社のメールには、地元の企業や、他県の企業から問い合わせを数件頂きました。

 

 

また、開催翌日からは、Webにイベント名である『阿蘇チャリティー輪っしょい祭り』と入れると、参加アイドル達の動画が数多くUPされ、ツイッターやフェイスブックなどにもかなりUPされていました。

 

先日、阿蘇市長と打ち合わせをしてきた際も、市に企業からイベントの問い合わせがあったそうです。

 

 

今回、色々な方に迷惑を掛けましたが、無理をおして開催して良かったと思いました。

 

 

 

 

 

さて今回もちょっとHななぞなぞです?

問題

黒光りしていて、何かにこすりつけると先っぽから液体が出てくるアレといったらナニ?

 

正解者の方には下記の割引きをさせて頂きます。お電話の際に『組合ブログHななぞなぞの答え』をお伝えください。

 

【特典】
オールコース・オールタイム5000円OFF!!


【期間】
12月10(日)まで

※他の割引との併用は不可