にっしーの過去ブログ

 

 

2017/10/31 頂上決戦@新妻倶楽部_にっしー

2017/10/16 一念発起@新妻倶楽部_にっしー

2017/10/01 実績主義@新妻倶楽部_にっしー

2017/09/16 善因善果@新妻倶楽部_にっしー

2017/09/01 英雄帰還@新妻倶楽部_にっしー

2017/08/17 一線死守@新妻倶楽部_にっしー

2017/08/02 四半世紀@新妻倶楽部_にっしー

2017/07/18 南国天国@新妻倶楽部_にっしー

2017/07/03 四十不惑@新妻倶楽部_にっしー

2017/06/17 軽慮浅謀@新妻倶楽部_にっしー

2017/06/01 連敗脱出@新妻倶楽部_にっしー

2017/05/16 充実休暇@新妻倶楽部_にっしー

 


久留米新妻倶楽部のにっしーです。

 

安定の「中14日」登板です。(笑)

 

 

 

先日、通勤やゴルフ用に使っている愛車のタイヤ交換をしました。

 

購入して1年ちょっと。

色々と細かな不満はあるものの、とにかく走らせるのが「楽しい」と思える、お気に入りの車です。

 

まだ2万キロちょっとなんですが、早くもタイヤが減ってきたので交換です。

 

元々履いていたのは新車装着のPIRELLI P-ZEROというタイヤでした。

 

あくまで個人的な感想ですが、これが本当にうんこだめタイヤ!

特に冷間時は最悪。

ハンドルを切って駐車場から出ようとするときに、前輪が「ガガガッ」と横滑りするんです。

10km/hも出てないような状況でですよ。

もちろん車両側の問題も多少あるのでしょうが、ちょっとあり得ない経験です。

 

ちなみにこの現象は、クレームとしてディーラーに多数報告されているそうです。

そしてタイヤを変えればその減少が収まるということも判明しています。

そんなタイヤを新車装着に採用するなよ!と思っているのはにっしーだけではないはず。

 

雨天時のグリップも褒められたものではありません。

交差点で一時停止後、右左折しようと発進するときなどは後輪が豪快に空転しまくります。(笑)

怖くてアクセル踏み込めないので、雨の日はソローっと右左折しなきゃなりません。

 

挙句の果てに減りまで早いという‥

まさにうんこだめタイヤです。

 

ということで、タイヤのスリップサインが出るまでもう少しあったので勿体ない気もしましたが、早めに交換しちゃえ!ということになりました。

 

 

新しいタイヤに選んだのはBRIDGESTONEのPOTENZA S001というタイヤ。

 

これまでPOTENZAブランドで外したことがなく、にっしーが最も信頼するシリーズのタイヤです。

その分お値段も高いのですが‥(笑)

工賃込みで******円でした。(女の子やスタッフの目があるので控えます)

 

 

交換が終わり、走り出してすぐにビックリ!

乗り味の質感が全然違います。

 

転がりが超スムーズ!

今までが「ザラザラ」「ゴロゴロ」だったのが、「サーッ」「コロコロ」って感じです。

例えるなら、木綿豆腐と絹ごし豆腐の違いのような‥

もしくはチーズケーキにおける「ベイクド」と「レア」の違いのような‥

乗り心地がとにかく滑らかなりました。

 

冷間時の「ガガガッ」も解消され、雨天時の空転もなくなりました。

都市高をよく使う方ならお分かりになると思いますが、太宰府から環状線内回りに入り、千代出口手前の連続するコーナーに***km/h超(自主規制)で突っ込み、フルブレーキからのステアリング操作でもピタッと安定。

環状線外回りの福大トンネル出口コーナーもガンガン踏んでいけます。(ここ奥がタイトになってる危険なコーナーです)

極端な表現ですが、ライントレースに1mmのずれもない感覚です。

 

さすが久留米発祥世界のブリヂストン!

お値段は高かったけど、納得の性能です。

 

 

もちろん交換して大満足なんですが、一点だけ‥

***km/h(自主規制)をはるかに超える速度域での直進安定性に限っては、PIRELLIの方が良かったように感じます。

超高速域でも挙動に安定感があるので、ハンドルに手を添えているだけで安心して走れます。

まぁ、さすがに滅多に出す速度ではないので、そんなに気にはならないですが‥

 

色々総合すると、やはりPIRELLIはサーキットの方が似合うタイヤなのかなと思います。

ドライの高速域では本領を発揮できるものの、四季があり雨が多く、そして平均速度域の低い日本での、特に街乗りにはあまり向かないタイヤかもしれません。

 

 

※文中「自主規制」は‥

こう見えて一応ゴールドなもので。察してください。(笑)

 

 


さてさて、話変わりまして「偽札疑惑」です。

 

 

新妻倶楽部では、お客様へのお釣り用に新札を常備しています。

そのため週に何回か、銀行で両替をしてくるのですが、両替後の新札の枚数を確認していた際に感じた違和感‥

新札だと2枚くっついてしまっている場合も多々あり、そういうことだろうと思って最初から慎重に数えなおしても、またもや同じ場所で感じる違和感‥

 

よくよく見るとこんななってました。

 

 

 

分かりました??

 

拡大すると‥

 

 

 

1mm弱ですが右の千円札の方が大きい!!

もちろん下端は揃えて撮影してます。

 

 

切り間違いでしょうか?

しかしまさか人の手で切っている訳ではないでしょうから、機械の精度に誤差が生じたのでしょうか。

 

常に「完璧」と思っているものにミスを発見したとき、嬉しいのは何ででしょうかね。

思わず、事務所にいたスタッフや女の子に「見て見て~!」と見せて回ってしまいました。

 

 

その際の反応は様々‥

 

「偽札やないと?」

‥まさに王道の反応。しかし筑◯銀行で両替してきたばかりの新札です。

 

「これで電車の切符買えるんやか?」

‥とっても現実的です。ちなみに電車通勤の女の子でした。

 

「将来価値が上がって1万円とかにならんかな?」

‥夢見すぎです。

夢見る少女なら可愛いですが、これを言ったのは受付スタッフのタマさんです。*年齢は非公開

 

「大きいんだから1100円分として使えないかな?」

‥座布団1枚!(笑)

貨幣制度が根底から覆されます。

 

ちなみに横幅はピッタリ同じでした。